1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 新作情報
  3. 電子書籍の新作情報
  4. 口べたでも1時間で誰とでも仲良くなれる技術 ランチは1人で食べるな!

口べたでも1時間で誰とでも仲良くなれる技術 ランチは1人で食べるな!

口べたでも1時間で誰とでも仲良くなれる技術 ランチは1人で食べるな!

著者平野敦士カール
発行日2013-03-22

ご購入はこちらから

  • amazonで購入
  • iBooksで購入
  • 7netで購入
  • ebookjapanで購入
  • Google playで購入
  • 楽天koboで購入
  • Yahoo!ブックストアで購入
  • ReaderStoreで購入

商品説明


なかなか他人と打ち解けられない人、必見! 誰でも実践可能な方法で人見知りを改善できる

△――――――――――――――▽
ランチは1人で食べるな!
究極のランチ活用術がここに!!
△――――――――――――――▽
あなたはランチの時間をどのように過ごしていますか?
一人でネットサーフィンしながら、食事をしている――。
そんな使い方はもったいない!!
その一人ランチを今すぐ「アライアンス・ランチ」に変えましょう。
「アライアンス・ランチ」とは、ランチタイムを“人脈作り”に使い、自分を成長させるランチタイム。
コミュニケーションが苦手な人でも大丈夫。
誰でもランチのたった1時間で、夢へとつながる“人付き合い”ができます。
将来に不安を感じる20代のビジネスパーソン必見!!
たったの1時間ですごい人脈へとつながるチャンスがあなたに。
明日から使えるランチ時間の効果的な使い方、
そして、口下手でも相手に一目おかれるコツを教えます!!
もう1人でランチを食べてはいけません!!
――こんな人におすすめ!!――
◆人見知りをしてしまう人
◆お酒がまったく飲めない人
◆人前に出ると緊張する人

◇◆◇オリジナル特典◇◆◇
「アライアンス・ランチに使えるお店」をご紹介!!

【目次】
●はじめに
・大きな夢を実現させるのは、「人とのつながり」
・「アライアンス」とは「助けてもらえる存在」になること
・行動するための読書でなければ意味がない
・他社をごぼう抜きさせた「アライアンス・ランチ」の威力
・自分に魅力がなくとも、優れた人とランチができる!
●第1章 「アライアンス・ランチ」は、なぜ必要か
・人見知りでも簡単にできる 「アライアンス・ランチ」
・「プライベートを侵食しない」 のが、エグゼクティブの掟
・「リアル情報」 は金のわらじを履いてでも探せ
・世界中のエグゼクティブとの 「交流」 で未来を当てる大前研一先生
・リアルな会話で起こる 「化学反応」 に価値がある
●第2章 「アライアンス・ランチ」は、どんな人とするべきか
・能力よりも、 「波長」 を重視する
・まずは 「半径3メートル」にいる仲間たちを誘う
・できる上司を誘って、「研修ランチ」を受けよう
・ランチは部下の「得意」を見極める絶好のチャンス
・「会社の看板」を借りれば社外の大物ともアポがとれる
・「足りないものを補ってくれる人」も簡単に誘える
・「相手のメリット」を考えることが成功者の条件
・不況だからこそ「高級店」のランチが狙い目
・誘う前に、相手の「時給」を考えてみよう
・「時は金なり」がエグゼクティブのモットー
・人見知りなら「ビジネス仲人」がおすすめ
・「ギブ・ギブ・ギブの精神」が、いずれ実を結ぶ
・異業種交流会では「3行自己紹介」で、輝く
●第3章 「ぜひ会いたい」 と思われる
・「アライアンス・ランチ」 の誘い方
・多忙な人は「1ヶ月前に誘う」のが理想。〝正味一時間〟がその後の人生を決める
・「会いたい理由」が書いてある「お誘いメール」は効果的
・「署名欄」で情報を発信しておくと断られない
・ブログがきっかけで大学教授に
●第4章 欠点をカバーしてくれる「アライアンス・ランチの名店」の選び方
・「誘ったほうがごちそうする」のが基本ルール
・「誘ったほうが、店を選ぶ」のも基本スタンス
・「中間地点」にあるお店を選ぶケースもある
・食べ物の好みは「事前に確認」する
・ジャンルに迷ったら「和食」が無難
・メニューは予約の際に決めると早い
・多くの話題を提供してくれる「高級店」
・予約の際には「商談です」と言っておくこと
・店が決まったら、「すぐに」相手にメールする
●第5章 いざ当日!「アライアンス・ランチ」の作法
・誘っても誘われても、待つほうは「下座」
・メニュー選びは、「誘ったほう」が主導
・話が10倍弾む「ビジネス手土産」
・事前に店に行っておくと、「自信」が持てる
・「ビジネス仲人」の場合は、事前情報が大事
・はじめの20分間は、「聞き役」に徹すると信頼される
・「話をよく聞く」とは相手の感情をくみ取る作業相づちは最高の「潤滑油」
・相談には「リアル・ストーリー」で答える
・相手に「おっ、賢い」と思われる話し方のコツ
・「重なりがなく、漏れもない」よう論点を整理するといい
・頭のいい人は「結論+3つの理由づけ」で話す
・ランチ前の詰め込み学習は「図書館」がおすすめ
・優秀な人は「断りメール」も上手

<著者情報>
平野敦士カール(ひらの・あつし・カール)
ビジネス・ブレークスルー大学教授(学長大前研一)、早稲田大学ビジネススクール(MBA)非常勤講師、(株)プラットフォーム戦略協会理事長、(株)ネットストラテジー代表取締役社長(平成25年5月現在)。
元タワーレコード取締役 元楽天オークション取締役 元ドコモ・ドットコム取締役。
東京大学経済学部卒業後株式会社日本興業銀行入行 国際業務・投資銀行業務を約13年間行った後 NTTドコモに転職。
iモード企画部アライアンス推進担当部長としておサイフケータイのプラットフォーム普及に成功。2007年ハーバードビジネススクール ハギウ准教授とともに戦略コンサルティング会社ネットストラテジー創業。
著書に『新・プラットフォーム思考』【朝日新聞出版】『アライアンス仕事術』【ゴマブックス】『プラットフォーム戦略』【共著、東洋経済新報社】 など多数。

キャメレオン竹田の12星座別開運ガイド 2019年版
Love-Me-Do_232_132
小池一夫の世界
1000年女王_232_132.jpg
小池一夫の世界
1000年女王_232_132.jpg
郵便局ブックフェア&イベント一覧
おおほ_ち先生の教え_232_132
メディア掲載
笑いの力
過去の特集
無料メルマガ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧