1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 電子書籍
  3. 文芸・小説
  4. 国内作家
  5. 半七捕物帳 十六 津の国屋

半七捕物帳 十六 津の国屋

半七捕物帳 十六 津の国屋

著者岡本綺堂
発行日2014/1/24
定価300円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入
  • iBooksで購入
  • ニコニコ静画で購入
  • Google playで購入
  • Yahoo!ブックストアで購入

商品説明


弘化四年六月、常盤津の女師匠である文字春は、浴衣を着た十六・七の娘が後をついてくるのに気付き、気味悪く思いながらも声をかける。娘は、文字春が住む町内にある酒屋『津の国屋』の娘に逢いに来たらしかった。
しかし、しばらくすると、その娘はふっと暗がりに消えてしまう。怖くなった文字春は、慌てて大通りまで走り、大工の兼吉と出会う。兼吉から事情を聞いた文字春は、ますます怖くなり、生きた心地もしなくなる。
その後、津の国屋でも、怪しい出来事が続けて起こる‥‥。
今回は、半吉ではなく、色白の二枚目桐畑の常吉がこの解決に挑む。

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

ピックアップ書籍情報

入江式
ピックアップ
GDO
人狼
サグワークス
まんがで歴史
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
北斎ミステリー
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧