1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 電子書籍
  3. 文芸・小説
  4. 国内作家
  5. 半七捕物帳 二十二 筆屋の娘

半七捕物帳 二十二 筆屋の娘

半七捕物帳 二十二 筆屋の娘

著者岡本綺堂
発行日2014/3/4
定価300円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入
  • iBooksで購入
  • ニコニコ静画で購入
  • 楽天koboで購入
  • Yahoo!ブックストアで購入

商品説明


慶応三年八月、下谷広徳寺前の筆屋『東山堂』の姉娘おまんが急死した。
筆屋『東山堂』は姉のおまんと、妹のお年が、筆の穂先を舐めて毛を揃えてくれることから『舐め筆』の店として賑わっていたのだが、姉のおまんが毒を飲み、悶死したという。
近くの徳法寺の僧侶・善周も急死したことから、心中とも思われたが……。半七は、妹・お粂の助力もあり、手がかりをつかむ。

【目次】
筆屋の娘

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

image
mini_bannar
ヨセミテ
unnamed
渡瀬マキ
杉口加奈
時任さんミニハ_ナー
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧