1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 電子書籍
  3. 文芸・小説
  4. 時代・歴史小説
  5. 【大活字シリーズ】宮本武蔵 五巻

【大活字シリーズ】宮本武蔵 五巻

【大活字シリーズ】宮本武蔵 五巻

著者吉川英治
発行日2014/5/1
定価300円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入

商品説明


内容紹介

日本最強のサムライ「宮本武蔵」の生涯を吉川英治が国民的ロマンに昇華した名作を電子化!剣禅一如の境地を求めて剣の道を極めんとした宮本武蔵の半生を、吉川英治が国民的ロマンに昇華!武蔵と弟子の伊織は江戸に到着。かつて世話になった光悦の弟子、厨子野耕介の家に寄宿することになった。

一方、お通も又八と共に江戸に来ていた。彼らは、柳生家の家臣木村助九郎から助けを受け、石舟斎の子息但馬守の屋敷に寄食していた。しかし、石舟斎が危篤状態であるという一報を受け、但馬守の甥兵庫と共に柳生谷へと下る。

また、小幡軍学を嘲弄したために、門弟から恨まれていた小次郎は、お杉婆の助太刀を名目に武蔵を訪問する。そこで、小幡一門の北条新から奇襲を受けるが、逆に痛手を負わせる。

お通に逃げられた又八は朱実と共に江戸にいた。怠慢な生活を送っていたが、密かに倒幕を謀る大蔵から将軍秀忠の暗殺をもちかけられる。又八は大金欲しさにこれを引き受けてしまう。

【大活字シリーズ】は、通常の電子書籍よりも約250%拡大した大きな文字が初期設定されており、小さな文字を読むのが苦手な方、高齢者の方をはじめ、端末操作が苦手な方でも気軽に電子書籍を楽しめるような設定となっています。
タブレット型電子書籍リーダーでの読書に最適な設定となっています。

第5巻 目次

〈空の巻(続)〉
入城府

かたな談義
道草ぎつね
懸り人
飛札
仮名がき経典
血五月雨
心形無業
雀羅の門
街の雑草

〈二天の巻〉
衆口
虫しぐれ

青い柿
露しとど
四賢一燈
槐の門
さいかち坂
忠明発狂始末
もののあわれ

魔の眷属
八重垣紅葉
下り荷駄
漆桶
兄弟弟子
大事
柘榴の傷み
夢土
花ちり・花開く

1892年8月、神奈川県生まれ。小説家。様々な職を経て作家となる。『鳴門秘帖』などで人気を博し、1935年より新聞連載が始まった『宮本武蔵』は読者を魅了、大衆小説の代表的作品となる。『三国志』、『新・平家物語』、『私本太平記』『新・水滸伝』など後世に残る大作を執筆。

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

ピックアップ書籍情報

ヨセミテ
unnamed
yukipoyo
渡瀬マキ5章発売
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧