1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 電子書籍
  3. 社会/政治
  4. 基地の島コンパクト事典 沖縄の米軍基地編

基地の島コンパクト事典 沖縄の米軍基地編

基地の島コンパクト事典 沖縄の米軍基地編

著者安仁屋政昭
発行日2014/9/5
定価300円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入

商品説明


内容紹介

米軍占領下の沖縄では人権が蹂躙され、米軍の暴力に常に脅かされ続けていた。1972年、沖縄県民は平和憲法の下への復帰を願ったが、基地はそのまま残り、復帰後は日米安保条約が重くのしかかっている。本書は、日米両政府による人権侵害の実体を知るための一冊。
当電子書籍は、沖縄文化社から2012年に発売された『基地の島コンパクト事典』を分冊化したものです。沖縄の米軍基地編
・沖縄の米軍基地
・沖縄のおもな米軍基地図
・那覇港湾施設(那覇軍港)
・牧港補給地区(キャンプ・キンザー)
・普天間飛行場(普天間基地)
・キヤンプ瑞慶覧(キャンプ・フォスター)
・キャンプ桑江(キャンプ・レスター)
・嘉手納飛行場(嘉手納基地)
・陸軍貯油施設
・キャンプ。シールズ
・トリイ通信施設
・泡瀬通信施設
・ホワイト・ビーチ地区
(ホワイト・ビーチ軍港)
・キャンプ・マクトリアス
・キャンプ・コートニー
・天願桟橋
・キャンプ・ハンセン
・金武レッドビーチ訓練場
・金武ブルービーチ訓練場
・キャンプ・シュワブ
・辺野古弾薬庫
・慶佐次通信所
・北部訓練場
・奥間レスト・センター
・八重岳通信所
・津堅島訓練場
・浮原島訓練場
・伊江島補助飛行場
(伊江島演習場)
・離島の米軍基地
・沖縄周辺の米軍訓練空域と水域図

巻末資料
1. 米国海軍軍政府布告第一号(ニミッツ布告)
※琉球列島の歴代高等弁務官
2. 日本国憲法(抜粋)
3. サンフランシスコ平和条約の第3条
4. 日本国憲法と住民投票
5. 日米安全保障条約
6. 日米地位協定のおもな内容
7. 復帰記念式典での沖縄県知事の挨拶
※米軍統治下における諸職
8 .祖国復帰闘争碑の碑文
※日米安保について考える
9. 沖縄戦後史の略年表
10.沖縄県における米軍基地
(1年間のあらまし)
参考文献

監修/安仁屋政昭(あにや・まさあき)1934年沖縄県恩納村に生まれる。広島大学文学部史学科卒。那覇高校、沖縄史料編集所を経て、沖縄国際大学名誉教授。日本科学者会議会員。
主な著書に『沖縄の無産運動』『沖縄戦再体験』『裁かれた沖縄戦』など、ほかに数多くの論文がある。

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

ピックアップ書籍情報

ヨセミテ
unnamed
yukipoyo
渡瀬マキ5章発売
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧