1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 電子書籍
  3. 国会図書館所蔵書
  4. 人権からみた文学の世界【明治篇】

人権からみた文学の世界【明治篇】

人権からみた文学の世界【明治篇】

著者川端俊英
発行日2014/11/5
定価600円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入

商品説明


内容紹介

徳富蘆花『不如帰』の浪子、島崎藤村『破戒』の丑松、樋口一葉『十三夜』のお関……。著者が明治期に発表された数々の名作の中から、人権にかかわる問題に着目し、作中の人物を通して、その時代の断面を検証、解説。
時代を超え、現代を生きる私たちの自己点検にもつながる人間認識の確立という新たな視点を提言した良書。目次

まえがき――本書を読む人のために

第一章 樋口一葉「十三夜」の世界

第二章 泉鏡花「照葉狂言」の世界

第三章 与謝野晶子「みだれ髪」の世界

第四章 徳冨蘆花「不如帰」の世界

第五章 田山花袋「重右衛門の最後」の世界

第六章 木下尚江「火の柱」の世界

第七章 島崎藤村「破戒」の世界

第八章 白柳秀湖「駅夫日記」の世界

あとがき

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

unnamed
mini_bannar
ヨセミテ
Amazon冬_ハ_ナー_232_132
渡瀬マキ
杉口加奈
時任さんミニハ_ナー
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧