1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. これから出る本
  3. 電子書籍のこれから出る本
  4. 真田大戦記 七 上 家康・血の粛清

真田大戦記 七 上 家康・血の粛清

真田大戦記 七 上 家康・血の粛清

著者竹中亮
発行日2017/1/24
定価650円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入
  • iBooksで購入
  • Google playで購入
  • 楽天koboで購入
  • Yahoo!ブックストアで購入

商品説明


西朝暦元和二年(一六一六)秋、豊臣・徳川両軍はついに激突を開始した。
立花宗茂と直江兼続、そして片倉小十郎重綱は、北関東戦線において先陣を切り、箕輪・倉賀野で徳川軍と激闘する。九州では、関門海峡を渡って雪崩込もうとする徳川軍を九州連合が粉砕し、瀬戸の鷹・小早川元景率いる村上水軍が九鬼水軍を迎え撃つ。瀬戸内では豊臣四国勢が本土上陸を敢行し、相模では宇喜多秀家が馬入川を挟んで、決死の戦いに突入した。
そして、ついに家康は不気味な西進を開始する。
家康の真意はどこにあるのか。幸村との最終決戦の地は果たして何処に!?

【目次】
前巻までのあらすじ
主な登場人物
第一章 慶長元和の乱
第二章 徳川血の粛清
第三章 西国越境戦争
真田大戦記・年表

【著者プロフィール】
竹中亮(たけなか・りょう)
1961年10月9日、東京に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業後、大手旅行代理店に入社。旅行の企画、広告編集、海外(カナダ)勤務を経て、執筆活動に入る。卒業課題は「日本の帝王学」、日本市場の覇者の後継者に対する帝王学教育を研究する。「真田大戦記」で第5回歴史群像大賞奨励賞を受賞。

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

unnamed
mini_bannar
ヨセミテ
Amazon冬_ハ_ナー_232_132
渡瀬マキ
杉口加奈
時任さんミニハ_ナー
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧