1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 電子書籍
  3. ライトノベル
  4. ホラー・オカルト
  5. 超怖・ホラー小説集

超怖・ホラー小説集

超怖・ホラー小説集

著者葛西竜哉;聖ゆうな;鈴井しのぶ;月光
発行日2013-04-24

ご購入はこちらから

  • amazonで購入
  • iBooksで購入
  • Google playで購入
  • 楽天koboで購入
  • AppStoreで購入

商品説明


超怖・ホラー小説集
【著者】葛西竜哉/聖ゆうな/鈴井しのぶ/月光

超人気ケータイサイトの賞レースで入賞した、超怖・小説を一挙に4作品収録!

————————————–
あなたの日常のすぐ傍に、
狂気は潜んでいるものです……
————————————–
<こんな人におすすめ>
●暑い日を涼しく過ごしたい方
●何かをやり残した気がする方
●退屈な毎日に刺激がほしい方

【収録作品】
①呪信メール
②鬼の手
③動画
④人媒花―JINBAIKA―

超怖・小説のあらすじをご紹介
①呪信メール【本文より】
「見ぃ~つけた」
とつぜん後ろで声がしたので、加藤はまだ書き込んでいる途中でエンターキーを押した。
振り返ると長い黒髪の女が立っている。
冷たい瞳が加藤を見つめていた。
「ひぃいいいいいいいいいいいいい」

②鬼の手【本文より】
朝。真優は自分が体験した出来事を、姉の優衣に話した。
「ふうん。それって霊道だよね」
「れいどう?」
「そう。アンタの部屋、霊の通り道になってるんだよ」
「えー、やだ。お姉ちゃん、部屋交換しようよ」
「やだ。洋室がいいって言ったの、アンタじゃん」
「じゃ、今夜からお姉ちゃんの部屋で寝せてよー」
「いいよ。だけど、私の部屋にも出るよ」
「………………」

③動画【本文より】
今度は、ただのたわいものない退屈な風景を辛抱強く見続ける。
そして、もうすぐ終了。
その間際、
「うっ!?」
突然、水の中から手首が現れる。
それはまるで、こちらに向かって手招きをしていた。
『……ここ……に……いる……よ……』

④人媒花―JINBAIKA―【本文より】
でも、夜が来れば俺は、あの甘い濃香に逆らえず彼女を抱く。
熱に浮されたように、取り憑かれたように、果実を貪るのだ。
さすがに、恐怖心が芽生えた。
もしかすると、俺が彼女を犯しているのではなく、俺の方が犯されているのでは……?
そんな馬鹿馬鹿しい想像まで浮かんだ。
恐怖心と性欲は、どちらも抑制しがたいもの。
相反するものでありなら、俺の中に同時に存在するそれら……。
この言葉にできない今の感情に一番近いのは、『中毒』かもしれない。

この続きは本編でお楽しみください

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

unnamed
mini_bannar
ヨセミテ
Amazon冬_ハ_ナー_232_132
渡瀬マキ
杉口加奈
時任さんミニハ_ナー
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧