1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 全ての本
  3. 中小・零細企業のM&A手法と実務(セミナー教材無料配付)

中小・零細企業のM&A手法と実務(セミナー教材無料配付)

中小・零細企業のM&A手法と実務(セミナー教材無料配付)

著者KACHIEL
発行日2019/1/25
定価25000円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入

商品説明


●セミナー時に配付されたレジュメ・資料は、本製品をご購入いただいた後、無料で配付いたします。製品裏に記載されておりますURL、QRコードからご登録し、お受け取りください。

評定平均4.67点(5点満点)

大阪・東京の2ヵ所で開催し、新たな視点で具体的な話が聞けたと大好評!

かつては、大企業が中心だったM&Aですが、
後継者不足の問題から中小企業・零細企業の親族外承継の手段
として行われるようになりました。

中小企業、零細企業のM&Aでは、支配株主が個人であることから、
大企業のM&Aとは異なる視点からの検討が必要になります。

しかし、最近の実務では、税務上の観点からも株式譲渡方式ではなく、
【事業譲渡方式が有利】であるという意見が増えてきました。
(少なくとも以前は、20%分離課税で済む株式譲渡が、M&Aでは圧倒的に有利と言われていました)
さらに従来の実務でも、「法務上の観点から」は、簿外債務を遮断しやすい事業譲渡方式の方が望ましいとされていました。

買い手側の立場から考えても、すべての資産及び負債を引き受けざるを得ない
株式譲渡方式よりは、必要な資産及び負債だけを引き継げばよい事業譲渡方式の方が分かりやすく、中小企業・零細企業のM&Aにおいて、株式譲渡方式は現実的ではなく、
事業譲渡方式を採用することが多くなってきています。

本セミナーは、企業再編における
会計・税務に係るコンサルティング業務のスペシャリストである
佐藤信祐税理士にご登壇いただき
中小企業・零細企業の親族外承継を目的とするM&Aの手法として、
事業譲渡方式について解説をするとともに、
会社分割方式、株式譲渡方式を採用すべき場面についても解説いただきます!

お客様からも
・実体験やご自身の肌感覚に基づいた内容でした。
・実際中小企業には当てはまらないことなど注意すべき論点を整理して説明してくださり、非常に有益なセミナーでした。

普段4時間で開催しているセミナーを重点に絞って2時間で
実務を行っているからこそできる内容をわかりやすく解説いただいているので
中小企業・零細企業のM&A・事業承継に関わる税理士にとっては必聴のセミナーとなっております!

ぜひ、ご購入ください!

【DVD内容】

M&Aスキームの概要
M&Aスキームの検討
1 株式譲渡方式が望ましいと言われていた理由
2 本当は、事業譲渡方式が望ましい理由
3 事業譲渡方式における流通税の留意事項
4 例外的に会社分割方式、株式譲渡方式が望ましい場合
5 一部の事業のみを譲渡する手法

M&Aの手続きと簿外債務の遮断
名義株、所在不明株主への対応
中小企業、零細企業に対するデューデリジェンスの特徴
中小企業、零細企業に対するバリュエーションの特徴
セラーズDDと売り手に対するコンサルティングの概要

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

ピックアップ書籍情報

にわの
羅刹
ピアノ
続カラテ
ズボラメシ
DaiGoオーディブル

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧