1. ゴマブックス ポータルサイト
  2. 一般書籍
  3. ビジネス
  4. めし屋の親父 60歳からの挑戦 向き、不向きより「前向き!」

めし屋の親父 60歳からの挑戦 向き、不向きより「前向き!」

めし屋の親父 60歳からの挑戦 向き、不向きより「前向き!」

著者中村芳平
発行日2015/5/23
定価1566円(税抜)

ご購入はこちらから

  • amazonで購入

商品説明


「TKS」(トータル・キッチン・サービス)グループと聞いてもピンと来ないかもしれない。しかし、居酒屋「きちんと」「豊年満作」「なんで、や」「しげぞう」「廻転寿司まぐろ人」なら知っている人がいるのではないか?「TKS」グループは、30業態以上、100店舗以上展開している飲食店グループなのである。この「TKS」グループ創業会長の神里氏は、これまで画一的、統一的な外食チェーン店を作るのではなく、店長の裁量を重視した地域密着型の個性豊かな「めし屋=飲食店」を作ってきた。神里氏は「めし屋の親父」を誇りにし、全ての店舗で料理は「手作り」にこだわり、「おもてなしの温かな心」を大切にしてきたのである。そして、揺るぎないその信念のもと、2015年に60歳を迎える神里氏は、「海外事業を本格的に始動させる」と発言、「60歳からの生き方」を示すようになった。神里氏の真価が発揮されるのは、まだまだこれからなのである。

著者について

中村芳平(なかむら よしへい)外食ジャーナリスト。1947年3月9日、群馬県四万温泉生まれ。生家は「地酒の宿 中村屋」。1971年早稲田大学第1文学部卒業。流通業界勤務などを経て「週刊サンケイ」の契約記者に。35歳でフリーに。「月刊宝石」「週刊フラッシュ」記者などを経て「夕刊フジ」に外食ウォーズものを長期連載。現在ネット媒体「フードスタジアム」「ビジネスジャーナル」「日刊ゲンダイ」などに外食モノを連載している。著書に『笑ってまかせなはれ グルメ杵屋社長椋本彦之の〈人づくり〉奮闘物語』(日経BP社)、『遊びをせんとや生まれけむ スポーツクラブ ルネサンス創業会長斎藤敏一の挑戦』(東洋経済新報社)などがある。

登録タグ:

この書籍のレビューを書きませんか?

レビューは管理人承認後掲載されます。



※HTMLタグは使えません

B2takes
睡眠障害は治さない
B2takes
DMMキャンペーン
モンテッソーリ
KACHIEL
闇華
沖縄全島エイサーまつり
メディア掲載
過去の特集
無料メルマガ
ココロロ
バナー

イメージキーワードで書籍を探す

  •  

イメージ電子書籍
ジャンルで探す

電子書籍の一覧